古本買取制度

古本屋は、お客様から買い取った本を、さらに別のお客様に売る商売です。したがって、新刊書 が売れていないと商売にならないという前提があります。その意味で、出版の新刊流通の仕組みに ついてもある程度の知識が必要です。 一般の人にはあまり関心がないことでしょうが、出版業界の特殊な事情として、新刊流通には再販制度というものがあります。これについて、まず説明していきましょう。 日本中どこの新刊書店にいっても、同じ本は同じ値段、つまり定価で売られています。ほかの商品のように、同じ品物でも古本屋によって値段が違うことは決してありません。本だけがなぜ、どの古本屋でも同じ値段で売られているのか、不思議に思ったことはないでしょうか。その理由は、本のメ ーカーである出版社が「定価」を決めて、小売店である新刊書店がその価格で売っているからです。 普通は、商品を仕入れた小売店は自由な価格でその商品を消費者に販売することができます。仕 入れた商品を自分の店でどのような値で売ろうと、または処分しようと、商品を仕入れた側の勝手 です。メーカー側が決めた価格を小売店に守らせる行為は、公正な競争を阻害するものとして独占禁止法で禁止されています。 しかし例外的に、いくつかの商品についてはメーカー側が小売価格を決定できるという制度があ ります。これを再販制度といい、具体的には書籍・雑誌、新聞、音楽ソフトのメディア商品などが 対象になっています。 音楽ソフトは時限再販といって、一定期間後には定価の縛りが消えます。しかし、書店で扱う書 籍・雑誌については、出版社が定価をはずさないかぎり、どんなに時聞がたつでも縛りが消えるこ とはありません。とくに日本での再販制度はかなり拘束力が強いもので、存続か廃止かの議論が続 けられた結果、「当面は存続」という結論になっています。先進国ではアメリカ・イギリスは自由 価格、フランス・ドイツでは時限再販になっています。

おすすめサイト:古本買取は埼玉県川口市のスマイルブックスへ