本のカテゴリー

ここでは、表現形式で本をカテゴライズしていきたいと思います。「表現形式」とは、文芸や漫画、評論というように内容ではなく表現手段のスタイルのことを指します。あわせて、娯楽目的であるとか、実践的なアウトプットのための本であるとか、または言葉で議論をぶつける本なのかを分類していきます。

娯楽目的の本として挙げられるのは、小説やエッセーなど。文学・美術関連の本の場合は、研究以外のテーマを扱っているものが含まれます。

実践的なアウトプットのための本の具体例は、実用書や実務書です。実用書は料理本や旅行本といった家庭の中のことや趣味の内容の本が中心で女性向けのものが多いです。実務書は実用書と似ていますが、仕事などのやり方などについて記した本をいいます。その多くは教育や法律など専門家向け。医学書や理系の技術書といった本も実務書に入ります。

言葉で議論をぶつける本は、学術書など代表的です。学術書を読んで行動を起こすこともあるかもしれませんが、学術書の著者はたいてい、他の学術書の著者からの反応を期待しています。

古本買取の場合は、本の作り手である出版社や著者の意図に従う必要はありません。例えば、写真が美しい料理本を実用書ではなく、芸術書として扱っても問題ないのです。